MANAGEMENT

空き家管理の必要性

空き家管理の必要性

空き家を定期的に外部から、内部から、悪いところはないかチェックをし、空気循環などの保全を行い建物や敷地が近隣に迷惑を掛けていないか安全を維持する管理サービスです。
人が住んでいない空き家は驚くほどのスピードで傷んでいきます。
空き家の放置状態がつづくと廃墟となってしまいます。
老朽化の速度を遅らせるには、少なくとも定期的に室内の風通しによる換気をしましょう。
雨漏りがしたときには、できるだけ早く改善する事が必要です。
白蟻の被害も人が住まない木造には住みつく環境に適する様になり、又発見も遅れる為に気がつけば手遅れになる危険性があります。
定期的な確認及び湿気の除去をすること等は、家を長持ちさせる為に大切な事です。

空き家の放置は危険です

空家を放置していると、雑草が伸びて害虫が繁殖したり、空き巣や不法投棄をされる原因となったり管理しない事による老朽化で倒壊してしまったりと、近隣住宅とのトラブルにもなりかねない様々なリスクに見舞われます。

空き家を放置していると

空き家対策特別措置法施行 (2015年5月)

空き家の中でも特に管理がずさんな物件に対して自治体が「特定空き家等」に指定します。
これまでは倒壊のおそれがある空き家であっても所有者の許可無く何か対策を打つことはできませんでしたが、この法律によって長年放置している空き家を持っている場合、行政から取り壊し命令が来る可能性が出てきたわけです。
所有者が勧告や命令に従わない場合市町村が代わりに執行し、費用は持ち主に請求されます。
「特定空き家」とは、そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態、その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にあると認められる空家の事を言います。
今までは、敷地に住宅があると「固定資産税が6分の1優遇措置」を受けられていましたが「特定空家」として勧告を受けると適応の対象外となります。

しっかりとした管理をして、いつでもすぐに生活できる状態を保つことが大切なのです!

PAGE TOP